新型コロナウィルスによる青学への影響

新型コロナウィルスによる青学への影響

Pocket
LINEで送る

こんにちは、蒸しパンです。

季節は3月ですが、今年は近代の歴史にも残るほどの不幸な春になりそうです。

 

新型コロナウィルスの感染拡大により、日本は混乱。危機的状況に置かれています。

この影響はもちろん教育機関にも影響を与えました。

 

全国の公立小・中・高等学校の休校措置。

 

そして、大学にもその波は押し寄せ、青山学院大学も数々のイベント中止に追い込まれました。

今年度の卒業式の中止、大学関連の全てのイベント中止、学内新卒企業説明会中止など。

 

学生の皆さんも、今一体どうなっているか分からない事でしょう。

僕もいまいち分かっていません。

 

そこで今回、3月5日現在の大学から出ている情報を簡単にまとめました。

今ある確実な情報を確認、理解することが大事だと思っています。

 

 


卒業式の中止について

 

 

(https://www.aoyama.ac.jp/post02/2019/news_20200228 引用)

 

上の引用にもある通り、卒業式は中止になりました。

学位授与式というのは、記念館で行うやつです。入学式の時を思い出してください。あんな感じです。校歌を歌ったりするやつです。

 

ここで一つ、大事なことがあります。

学位記の授与については、今現在のところ実施する予定だという事です。

 

学位記の授与とは、簡単に言うと卒業証書授与ってやつです。各学部ごとに教室が割り当てられ、そこで証書をいただくようです。

そこでは、同じクラスの同級生、友達もいますので、最後に会うことができます。

現時点で、例年通りの形で学位記を授与できるかは分かりませんが、大学に行って、最後にみんなと会ってさようならをする事はできるはずです。

今のところは

 

しかし、女性は袴をどうするか迷うところでしょう。

着る着ないの選択も迷うところですが、気になるのはレンタル業者の対応です。

 

学校レンタルの場合、果たして着付けができるのか、キャンセル代等の問題もありますが、そもそもレンタルを行うのかが気になるところです。

 

学生生活最後の晴れ舞台、このような形で無くなってしまったことが本当にやるせないです。僕も今年度卒業生です。この文章を書いている今も、深い悲しみに沈んでいます。

 

卒業生なんて、どうせ1週間後には満員電車に揺られて、人がたくさんいる会社に出勤する事になるのです。それと卒業式は何が違うのでしょうか?「卒業式で感染し、その学生たちが社会に出て危ない」というのなら、「オフィスの会議で感染し、取引先でバラまかれる」こともあると思うのですが。感染をなだらかにする事が目的だとしても、どこが感染源なのか分からない今、これはよくて、これはダメという線引きを引くのは、ナンセンスではないでしょうか。

 

別に政治的な意見を言ってるわけではないし、大学を批判しているわけでもないです。実際僕が大学の立場なら中止にせざるを得ないとは思います。ただ、一卒業生として、自分やみんなの意見を書いただけなので、ご理解ください。

 

 


課外活動について

 

 

今回の要請で確実に中止になったイベントは

部活、サークルの合宿

追いコン、コンパなど飲食が伴うイベント

濃厚接触が考えられるイベント

高齢者や基礎疾患がある人が参加するイベント

これらです。

基本全部イベントはダメです

 

課外活動は、サークル・部活動にも当てはまります。

そのため、卒業講演や、卒業ライブ、卒業コンサートなどのイベントが全て中止になりました。検討ではありません。中止要請です。

 

感染した場合、責任が問割れるため、現在部活・サークルはこの指示に従っています。僕の入っているサークルも卒業ライブが中止になりました。学生生活最後、はたまた人生最後になるかもしれないライブが出来なくなってしまい、多くの卒業生が落胆しています。僕もしています。

 

もちろん追いコンなども中止です。後輩たちに卒業を祝ってもらう機会も無くなりました。

 

 


就職関連について

 

最後に学内説明会などに状況についてです。

 

 

3月3日以降の学内説明会は全て中止になりました。

 

リクナビやマイナビの合同説明会も中止になった今、web上での説明会が多くの会社で行なわれています。

 

就活生の皆さんは、とても就職活動する事自体が難しくなり、景気もこれから怪しくなる中で不安だと思われます。どうか無理だけはせずに、自分を大切にしながら頑張ってください。

 

 


最後に

 

新型コロナウィルスは、感染のピークがいつになるか全く予想がついていません。そのため、収束の時期も予測されていません。

 

今後も大学含め様々な場面で生活に困ることが起きるはずです。ひとり暮らしの大学生などは本当に不安な毎日を送っていることかと思います。

もし、できる事なら、今は実家に帰るなど、心身ともにリラックスできる環境に置かれてみてはどうでしょうか?

 

僕たち20年卒組は将来、卒業式が無かった世代として後々言われる事にでもなるのでしょうか。正直悲しくてたまりませんが、前を向かねば何も進みません。何も全ての行動を自粛しなければいけないわけでもありませんから、そこのバランスは自分で考えていけばいいのだと思います。

 

今まで通りの生活に戻れる日を待ち望んで、みんなで乗り越えていきましょう。

総合文化政策学部 通学中や昼休みに、サクッと読めてクスッと笑える記事を書いていきます! 趣味はギターと旅行! チーズ蒸しパンはそれほど好きではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top