年明けの今からでも入れる青学サークル!青山ミステリー愛好会

年明けの今からでも入れる青学サークル!青山ミステリー愛好会

こんにちは、幽霊は信じていない蒸しパンです。季節は移り変わり、ついに2020年を迎えました。

 

あけましておめでとうございます!!

青学、箱根駅伝優勝しましたね!!!

本当におめでたい!!

やっぱり青学強かった!!!!

 

青学スタイル新聞は2020年も突っ走って参りますので、暖かく見守っていただけると幸いです。

 

年が変わると、新しい事にチャレンジしたくなりますよね

運動始めてみよう!とか、読書を始めてみよう!とか

ちなみに僕はiPhoneの中身の断捨離を行ないました。アプリやいらないファイルが一掃されるのは気持ちいいですよ。きっと部屋が汚い人は、スマホの中身もぐちゃぐちゃだと思います。

年中暇(もちろん忙しい人いっぱいいますよね。ごめんなさい)な大学生の皆さんも、2020年は何か新しい事にチャレンジしてみようと思っている事でしょう。

そんな皆さんに朗報です。

 

今からでも入れるサークルがある!!

 

とても耳寄りな情報を手にいれる事が出来ました。

2019年度も残りわずかのタイミングですが、1月は新しい年の始まり。サークルや部活などの団体に入っていない人のために、いつでも入部可能なサークル・愛好会を調査してきました!!

今回ご紹介するサークル・愛好会はこちら!

 

青山ミステリー愛好会!!

 

 

1発目に持ってくるもんじゃねえだろ、おい!

そんな罵声が飛んできそうですね。僕もなぜ1発目なのか分かりませんが、代表の方々に突撃取材してきました!!

 

 


代表は1年生!ミステリー愛好会ってどんなとこ??

 

お昼すぎに、青学の間島記念館で待ち合わせ。

ミステリー愛好会の代表って一体どんな人がやってくるんだろう。全身黒で覆われた格好をしてるんじゃないか?手の甲に魔法陣でも書かれてたりするんじゃないだろうかと不安で仕方ありませんが、、、

「お待たせしました!」

 

 

あら!意外にも普通の好青年でした

右から

代表の佐々木くん 文学部史学科1年

副代表の小林くん 経営学部経営学科1年

 

なんと2人とも1年生!!

ってことは、このサークル今年彼らが作ったわけなんですね!!

若いサークルですねえ。今年作ったので、来年公式愛好会を目指すそうです。

入学早々いきなりサークル作ろうとはならないですよね。ステーキ屋さんもびっくりのいきなり度合いです。

経緯や活動について色々聞いてみることに

 

佐々木くん 「入学当初、気になったサークルの新歓には行きましたが、入りたいようなサークルには出会えませんでした。なんというか、肌に合わないというか。このままだと入るサークルないなあって思ってました

 

ちなみに佐々木くん、あの野宿サークルの新歓にも行ったそうです。同じ匂いがなんとなくするような、、、下の写真は野宿愛好会の新歓の様子、、、

 

 

佐々木くん 「僕、昔っから心霊系が好きで、心霊スポット行ったり怖い話を聞くのが好きで。だからそういうのをサークルにしたら面白いんじゃないかって思って、サークルを作ろう!!と、お風呂上がりに思いついたんです

 

どうしてお風呂上がりだったんでしょうか?ミステリーです。

1人サークルを立ち上げることになった佐々木くん。Twitterだけで勧誘活動を行っていたそう。春から青学でエゴサしたり、ひたすら1年にDMを送ったり。マメですよねえ1年生なのにとっても真面目。そのおかげもあり数人がサークル運営に集まったんだとか。

 

佐々木くん 「でも小林くんはDMに引っかかったっていうか、自分からやってきたんです笑

小林くん 「僕も幽霊とか好きで笑 サークル選びに迷ってたんですけど、たまたまTwitterでこのサークルを発見したんです

 

 

こちらは当時のやりとり

小林くん、1人って言われても入ったのすごいなあ。

彼は中学の頃、幽霊研究会といって友達と地元の噂話を調査していたそうです。そういう素質しかないですね。

 

佐々木くん 「部員数は“幽霊部員”を含めて25人くらい。その中で活動に来るのが10人くらいで、1回の活動に5人くらいが参加します。少なく感じるかもしれませんが、多いのもダメなんですよ。

小林くん 「大人数で心霊スポットとかに行くと、遠足になっちゃう笑 全然怖くないんですよ笑 だから少人数でやってます。

佐々木くん 「心霊スポットに行ったりとか、幽霊をコンセプトにしたご飯屋・居酒屋に行ったりとか。それっぽい所ならどこへでも行きます

 

 

行く場所も人伝いで聞いたものが多く、誰でも行きたい所を言えばみんなで行くそうです。

 

佐々木くん 「良くも悪くも、基本そこまでこだわりはないです。みんなで怖い、怪しいみたいな雰囲気を楽しめればいいので!基本楽しむ事を大事にしてます。サークルに入ってない人でも歓迎です。来るもの拒まずですよ〜!

 

いいですね!!まさに今回の企画にぴったし。

最初、オカルトなサークルに対して異常な偏見を持っていましたが、「青学ミステリー愛好会」はとっても楽しそうなサークルでした!

 

 


どんな活動してるの〜?? 

 

「青学ミステリー愛好会」では、廃村、心霊スポット、変わったお化け屋敷など不思議な場所に訪れ、散策・ちょっとした冒険をしているんだそうです。

 

 

 

こんな感じのところを見に行ったりするそうです。

いいですね〜怪しそう。

 

今まで一番の思い出を聞いたところ、八王子城跡での出来事を教えてくれました。

佐々木くん 「八王子城跡自体はそんなでもなかったんですけど、訪れた直後に事件があって、、、」

 

 

小林くん 「城跡の周りには古い民家とか倉庫が結構あるんですけど。それをね、佐々木くんは廃墟と勘違いしちゃって笑 無理やりドアをこじ開けたりしてたんですよ笑 そしたら倉庫の持ち主さんが来ちゃって「あんたたち何してんの!」ってw佐々木くんバカで、その時の言い訳が「この家ボロくて、廃墟だと思ったんです」って正直に答えちゃったんですねえ。本当にあの時は怖かった。幽霊なんかより人間の方が怖いですよ

 

幽霊やないやん!ミステリーやないやん!!

 

 


初心者にオススメの心霊スポット

 

心霊スポット巡りが大学生の間でも流行っているので、青学周辺のおすすめスポットを教えてもらう事に!

佐々木くん 「やっぱり近場だと、ダントツで青山墓地をオススメします。あそこは本当近いのにめちゃめちゃ怖いんで

 

 

小林くん 「佐々木くん結構1人で行く事多かったよね?

佐々木くん 「そうだね、新歓行事として青山墓地を選んだんですけど、下見として何回も1人で行きましたが、あそこは暗くて不気味でとんでもなく恐ろしいです。夜は人もいないし、街灯もほぼ無し。都会のど真ん中で、あんなに怖い経験が味わえるのはあそこくらいです。

幽霊の噂も出回る青山墓地、おすすめは1人で行く事だそうです。

ちなみにメンバーの中には霊感がある人は誰1人いないそうです笑 霊感あったら心霊スポットなんて行けないですからね。霊感ある人には「こんなサークル作るな危ない!」って怒られたそうです。

 

 


いつかは夢の地「北海道」へ

 

最後に、将来行ってみたい「スポット」を聞いてみました

 

佐々木くん 「そうですねえ、最終的には北海道の奥地にサークル合宿に行きたいです。奥地には森の中に廃病院があるらしくて。そういう所に行ってみたいですね。あとご飯美味しいし笑

 

大自然のイメージが強い北海道ですが、実はミステリーや不思議な話がとっても多いのだとか。

 

 

開拓使時代や日露戦争時、北海道では開拓するための人手が足りず、本土から騙されて強制労働に駆り出された人が多くいたんだとか。その際に奴隷のように扱われ死んでいった人の怨念が残っているとかいないとか、、、??

オカルトに興味のある方、ぜひ佐々木くんたちと一緒に北海道旅行してみてはどうでしょか?笑

 

 


今回は、今からでも入れるサークル特集として、「青山ミステリー愛好会」を紹介しました!!

どうでしたか?ちょっと廃墟とかに興味湧きませんか??僕は今凄く廃村とか行きたくて仕方ないです。

ということで!!

ミステリー愛好会の活動に参加してきます!!

 

実際に活動に参加するのはちょっと先になりますが、次の記事も乞うご期待ください!!

 

次はあなたのサークルかもしれませんよ〜それではまた!!

総合文化政策学部 通学中や昼休みに、サクッと読めてクスッと笑える記事を書いていきます! 趣味はギターと旅行! チーズ蒸しパンはそれほど好きではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top