青学に新スポット! キャンパスライトアップ開催中

青学に新スポット! キャンパスライトアップ開催中

こんにちは、好きなイルミネーションの色は王道の黄色、蒸しパンです。

 

12月も半ば。寒さもだんだんと強まり、肌寒い季節になりましたね。

青学では 先月の11月29日、リスマスツリー点火祭が行われました。そして今年はさらに、青山学院創立145周年を記念し、青山キャンパスがキャンドルの灯りに包まれます。

 


青山キャンパス キャンドルライトアップ

2019年11月11日〜2020年1月6日まで、青山学院大学創立145周年、青山学院大学創立70周年を記念して、「世の光プロジェクト」と称し、青山キャンパスにキャンドルの火が灯されます。

 

 

キャンドルが灯される場所は、青山学院ベリーホール。ロータリーにある、クリスマスツリーの左側にある建物です。青学の創立に貢献した宣教師たちのレリーフを照らすように設置されます。

 

青学創立145周年ってすごいですね。僕たちは、歴史ある学び舎に通っているのです。みなさんは、青学スタンダード科目の「青学の歴史」は受けた事がありますか?青学について知りたい学生は、あの授業を取ることをおすすめします!!水曜の方より金曜の方を選びましょうね!!水曜の方は落単呼ばわりされてるので、、、笑

 

 


実際にライトアップを見に行ってみた

せっかくなので、実際にライトアップを見に行ってきました!!

ライトアップは日没後から21時までやっているそうなので、夜の6時ごろに向かいました。

 

 

こちらがお昼の様子

写真の左のほう、ツリーの隣に左手にあるのがベリーホールです。以前心霊スポット巡りでみっふぃーが訪れた場所ですね。国登録有形文化財に登録されている、格式高い建造物です。心霊スポットなんて失礼な呼び方は今日限りでやめましょう。

これが夜になると、、、

 

 

綺麗じゃないですか!

街中のイルミネーションと比べたら劣るのは仕方ありませんが、イルミネーションとは違った趣があります。

 

 

レリーフの周りに綺麗なロウソクの灯火がついています。

都会に巻き込まれて疲れた時に、柔らかなロウソクの灯を見ると、人はなぜだかホッとしてしまうものです。火っていつまでも見てられますよね。

 

 

15号館の「ガウチャー記念礼拝堂」にもロウソクが灯されていました。

 

 

夕方になるとキャンパスにいる人の数も減るので、落ち着いた雰囲気の中キャンドルライトアップを楽しむことができます。

 

 


こちらのライトアップ、年明けの6日までやっています!

クリスマスが過ぎちゃって、イルミネーションとか見忘れちゃった〜って人も年明けまで見れますので、ぜひ学校終わりの時間などに訪れてみてはいかがでしょうか!!

 

それでは良いクリスマスを〜!

総合文化政策学部 通学中や昼休みに、サクッと読めてクスッと笑える記事を書いていきます! 趣味はギターと旅行! チーズ蒸しパンはそれほど好きではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top