繋がろう青学OB・OGの輪vol.1 〜有薗隼人さん〜

繋がろう青学OB・OGの輪vol.1 〜有薗隼人さん〜

こんにちは、最近バイトが扶養を超えそうな蒸しパンです。

 

今回は新企画!

 

みんなで繋がろう青学OB・OGの輪

第一回をお送りします!

 

本企画は、青学OB・OGと現役大学生を繋げたいという思いから生まれました。

青学って某慶◯大学とかに比べると、OB・OGの繋がりって弱いイメージがありますよね。

もちろん僕は青学への愛校心が強いんですけど、社会に出ると青学の繋がりは弱いという話は聞きます。青学のOB・OGの方々も、現役の青学生や卒業生と関わる機会は少ないのではないでしょうか?

この記事が、OB・OGと会いたいと考える現役生と、学生と関わりたい社会人の方が繋がるきっかけになれば幸いです。

 

 


20代で起業、絶えず新事業に挑戦していく

株式会社GEAR社長 有薗隼人さん

 

記念すべき第一回のゲストは

IT広告業界で活躍している、有薗隼人さんです!!

 

 

 

有薗さんが起業をした経緯や、仕事観、青学生への思いをインタビューしました!

 

有薗隼人さん 基本情報

中学から青山学院に入学

文学部教育学科卒業

インターネット広告会社入社後、月間賞を取るなど営業トップに。

27歳で会社を起業、500サイト以上の制作・売買を手掛け、2016年に販売開始したアフィリエイター向けサイト作成サービスはメルマガのみでの販売にも関わらず瞬く間に3000万円超の売上を記録。累計1億円以上を売り上げる。

また、2017年から発売したSEOの情報ノウハウ商品は、累計1000本以上、2500万円超の売上を記録。2018年にはサイト売買の仲介により取扱高2億円、粗利2400万円を達成するなど事業を拡大中。現在も、インターネット広告事業、サイトM&Aの仲介業、婚活アプリ・結婚相談所運営事業などを手がける。

 

 


起業に対する不安はなかった。

 

蒸しパン 「初めまして!本日はよろしくお願いします!」

 

有薗さん 「初めまして!僕は中等部から青学で、サッカー部に入っていました。山本与志春先生とか、高等部では小島先生が顧問でお世話になってたな〜。

 

蒸しパン 「僕も中等部からです。僕が中等部生の頃、山本先生は部長でしたけど、今は青山学院の学院長ですよ笑」

 

有薗さん 「本当に?偉くなったもんだなあ〜笑 今の現役生と中高の先生の話ができるなんて思ってもなかったよ。

 

蒸しパン 「経歴を少し拝見したのですが、教育学科だったんですね。教育学科って先生志望が多いイメージですが、どうして起業の道へ進んだのでしょうか

 

 

 

有薗さん 「父親が塾の経営者だったんですよ。その影響もあって、いつか自分も独立しようと思ってました。当時は金八先生とかGTOに憧れてて、教育学科に入ったんですけど、先生って給料も低くて笑 しかも学校って狭い世界なんですよ。だから、視野を広げるためにも就職くらいしとこうと思って就活しました。当時成長中のIT業界の中で、手っ取り早く成長できそうな営業職に絞って受けていって、大手のインターネット会社に入りました。そしたらもう、、、、入って一週間でボコボコにされましたよ笑

 

蒸しパン 「ボコボコにされたんですか!?」

 

有薗さん 「リアルに笑 たまたま会社の上司がめっちゃ厳しい人で。2.3年そこで働いた頃、タイミングもあり、独立することになりました。

 

蒸しパン 「親が経営者だったということもあると思いますが、起業に対する不安などはありましたか?」

 

有薗さん 「不安は無かったですね。僕アホなので笑 なんとかなるんじゃん?って常に思っています。日本でどうにかならないはずないと思っているので、日本なら一生懸命やればご飯食べれなくて死ぬってことはないと思っています。」

 

有薗さん 「やる気さえあればどうにかなりますよね。あと、たまたま会社勤めの時、実は営業って言っても全部電話営業しかしてなかったんですよ。電話だけで、契約までのアプローチを全部やってて、クロージングまでする。なので、2年半でお客さんに会った事は、一回も無かったんです。電話だけで1億5千万円くらい売ってましたよ。

 

蒸しパン 「1億5千万!?

 

有薗さん 「はい笑 だから、売る『モノ』があれば電話でどうにかなるな、売れるわって思ってました。会社員時代、営業で売れたって実績があったので、不安は無かったです。

 

蒸しパン 「まずやってみようっていう前向きな考え方と、実力、経験が起業に繋がったんですね。僕も就活時に色んな社会人と話しましたが、就活の時って『起業』した人のお話は聞く事ないんです。当たり前かもしれないですけど笑 だから、有薗さんのお話がとても新鮮に感じました。」

 

有薗さん 「そうねえ、でも今なら色々できると思うよ。ネットで仕入れたものを売るとか、自分の時間を売ったり、自分の持ってる能力を売ったり、なんでもできる世の中だから。ユーチューバーもそうだしね。

 

 


考えることをやめたら、人間って価値無くなっちゃうのかなって。

 

蒸しパン 「今、何人かの学生さんをアルバイト・インターン生として一緒にお仕事してらっしゃいますが、有薗さんのツイッターの自己紹介、『地頭のいい中学受験経験者募集してます』って書いてあるじゃないですか。あれってどういった真意なんですか?笑」

 

 

 

有薗さん 「中学受験してる子って地頭いいんですよ。今、AIが人間の代わりになるとか言われてますよね。僕は、仕事と作業って絶対違うと思っていて、作業をしているだけの人って、これから絶対淘汰されていくと思うんですよね。例えば工事現場で誘導してる仕事とかって、既に光る人形とかが変わりをやっているじゃないですか。高速道路の料金所とかも。それって人いらないんじゃないかな〜って思っちゃうんですよね。考えることをやめたら、人間って価値無くなっちゃうのかなと。なので、自分から考えて行動できるようにならないと淘汰されていってしまう。自分で考えて、動いて、何かを生み出していくようなことが必要だと思います。なので、そういう意味で地頭のいい子を探している感じです。中学受験している子はそういうことを小学生のうちからトライさせられている子が多いので地頭の良い子が多いですよ。統計的にも。

 

蒸しパン 「なるほど…。今オフィスにいる学生さん達は、選ばれし地頭のいい人なんですね…!」

 

有薗さん 「うちの子はみんないい子ばっかりですよ!今学生は3人いますが、採用の際には必ず適性検査なども実施しているので、なかなか採用しなかったりします。

 

 


ただ儲けるだけじゃ、虚しくなる

 

蒸しパン 「様々なインターネット広告の仕事を手がけている中で、どうして最近婚活事業を始めたんですか?」

 

有薗さん 「もともとうちはアフィリエイト(成果報酬型)の仕事をしてまして。サイト作って売ったりとかね。金融、脱毛、青汁とか比較サイトがありますが、それぞれの特徴や難しさがあります。その中で、自分達で戦う事の出来るジャンルを考えたら『婚活』でした。しかも『意義』がある。

 

蒸しパン 「意義…?」

 

有薗さん 「金融、アダルト系って稼げるんだけど、やってて虚しくなるんですよ笑 『なんのためにやってるんだっけ?」ってなって来ちゃうので。婚活事業をはじめた当時は、会社には女性も多かったし、今後の市場を見据えていたということもあります。当時はレーシックとかも儲かってたんだけど、事故とかで下火になったし、あと季節モノとか一過性のものは事業としてやるには弱い。そういうことを考えると、婚活の市場ってすごい広がってる。しかも『なんとかしなきゃいけない』日本の問題なので、僕らもタッチできればと思って婚活事業を始めました。

 

蒸しパン 「どこにターゲットを絞ろうとか、予測したりするところってものは、どんなビジネスでもやはり『自分で考える事』が一番大事なんですね。」

 

有薗さん 「そうですねえ。あとは、自分や会社がどうなりたいかによると思うけど、ただ儲けるだけじゃだめなんだよねえ。それって虚しい。

 

蒸しパン 「そう思った出来事があったんですか?」

 

 

 

有薗さん 「ありますよ。会社員時代はそこそこ給料よかったんですけど、虚しい。毎日キャバクラ行ったりとか笑 飽きますし、虚しいんですよ、そういうんじゃない。当時僕は毎日電話して営業して、同じことばっかりやってたんで。1年後、2年後何が変わったのかなあ?去年と同じことしてるよなあってなってしまう。時が止まってるみたいだな。そう思った時に会社を辞めることになりました。

 

蒸しパン 「そうだったんですね。自分で考えていいなと思える仕事を形にしてらっしゃるなんて、とってもかっこいいです!!」

 

そんな有薗さんが手がけた、婚活応援サービスがこちら!!

婚活応援マガジン【ミラコロ】

https://miracolo.me

 

日本最大級の婚活アプリ、結婚比較サイトで、あらゆる婚活情報がまとめられています。体験談やインタビューなどのコラムも盛り沢山です。大学生も、大人の恋愛観や結婚観について学べるので、ぜひチェックを!!

 

 


青学生って根がいいんですよね

 

蒸しパン 「卒業後、青学と関わった出来事などはありましたか?」

 

有薗さん 「だいぶ前ですが、ボランティアをしたことがあります。今の会社を立ち上げてた同時期に、青学初等部、中等部のお手伝いをしに行ったんですけど、カメラマンのとある方にに出会ったんです。実はその人、世界で写真を撮ってて、イタリアのブランドとか担当するような人で。その方も青学出身で、日本に帰ってる時に青学の写真を撮ったりしていましたね。その時はちょこちょこ青学と関わっていましたし、仕事にも影響を与えてくれていました。

 

蒸しパン 「すごいですね!社会人になっても青学と関わりがあったなんて少し羨ましいです。今、学生とこんなことやってみたいなあって思ったりすることはありますか?」

 

有薗さん 「学生と出会うイベントがしてみたいです。僕もセミナーで話すことは多いので、青学生に向けた講演会をしてみたり、逆に学生のみんなの考え方を学びたいです。僕ももうおっさんなので、SNSとか大学生に教えて欲しいぐらいです。

 

蒸しパン 「特に青学生って流行に敏感ですもんね。」

 

有薗さん 「最近、言葉って難しいなあって思うんです。世代が違うと、根本的に考え方・常識が違うし、そういう世代がこれからの社会を担っていくから、追いつかなきゃならない。アンケートとか取るよりも、直接会って話した方が得られる情報は多いしね。だから青学生と直接会ってお話する機会が欲しいですね。あとは、青学生って根がいいんですよね。犯罪おかしたりとか、そういう本当の意味で根が腐っちゃう人はいないと思っています。だから青学生って好きなんですよ、ただ、あんまりハングリー精神はないですかね笑

 

蒸しパン 「あ、僕、ハングリー精神ないです…笑笑 」

 

 


 

僕が典型的な青学生とバレてしまったところで、取材終了です。笑

有薗さん、お忙しい中本当にありがとうございました!!

 

なんと、有薗さんは書籍も書いているんです!!

 

 

『働きながら小さく始めて大きく稼ぐ【0円起業­】』

https://amzn.to/2oUvWvK

クロスメディア・パブリッシング社より2019年10月11日に発売。紀伊國屋書店 大手町店の週間ランキング総合1位を記録したほか、大手書店のビジネス書ランキングなどでも上位に入るなど、好評発売中。

本書では、起業・副業を始めようとしている方に、さまざまな起業の事例やアイデアを紹介しているそうです!「将来、起業や副業に興味がある。でも、一歩踏み出せない」そんな方にぜひ読んでほしい一冊になっています!

 

Kindle版もあるそうなので、気になった方は要チェックです!!

 

 


 

今回は第一弾として、有薗隼人さんにご登場していただきました!!

次回の「繋がろう青学OB・OGの輪」もお楽しみに!!

総合文化政策学部 通学中や昼休みに、サクッと読めてクスッと笑える記事を書いていきます! 趣味はギターと旅行! チーズ蒸しパンはそれほど好きではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top