令和も通います!大正時代から愛される中華料理店 vol.2

令和も通います!大正時代から愛される中華料理店 vol.2

みなさんお久しぶりです!ゆきんこです。

前回に引き続き…

精陽軒さんの魅力をもっともっと知っていただきたく

店主である福本啓一さんにインタビューさせていただきました!

 

Qライターメンバー全員青学生なのですが、福本さんはいつから青山学院大学に通われていたのですか?

A.大学から青山学院で、その前は中央大学附属高等学校に通っていました。

大学では経済学部を専攻していました。

 

 

Q学生時代から精陽軒さんによく来ていたのですか?

A.バレーボール部に所属していたので、授業が早く終わる日や休みの日は食堂が空いていないので練習帰りに寮生ではない自宅が遠方のチームメイトとよく通っていました!

実は福本さん!

高校時代に全国高等学校総合体育大会(インターハイ)で準優勝を果たした

とても強強すぎるバレーボールプレイヤーだったのです!

 

Qズバリ!当時よく食べていたメニューを教えてください!

A.肉野菜炒めをよく食べていましたね。あとは麺類2つ食べてちょうどよかったです。

そんなに!?精陽軒さんのメニューはボリューミーですが、やはり運動後はお腹空きますもんねー!

 

 

Q踏み込んだことを聞いてしまいますが

おかみさんである奥さんとは大学生時代からお知り合いだったのですか?!

A.そうですねー 仲は良かったと思います。

 

 

Q大学卒業後からお店で働くまでを教えてください

A.ガソリンスタンドを運営している実家の三人兄弟の3男なので、お店を継ぐとかはなく自由に進路を決めることができました。でも、サラリーマン嫌だなーっと思っていて、見習いとして支店である西小山の精陽軒で働くようになりました。

 

 

Q元々料理をよくしていたのですか?

A.最初は干し柿とかしか切れませんでした(笑)

洗い物から始まり、徐々に賄いを作ったり、暇な時間帯にお客様の料理を作ったりと少しずつ覚えていきました。

最初は料理もバレーボールと同じで練習あるのみですね!

 

 

Q元々は洋食であったのに中華路線になったのはいつ頃からですか?

A.2代目の宥二さんが中華路線に変えました。理由は中華だと洋食よりも早くお客様に料理を出すことができて時間のロスがないからだそうですね。

 

 

Q(前記事で載せた)ゆで卵サービスはいつから始めたのですか?

A.私が西小山から青山に来てから始めました。持っていくのに時間がかかり、手を抜いているだけですね(笑)

 

 

Q最初にセルフサービスかどうか選ぶことができますが、皆さん選ぶのでしょうか?

A.進んで2階に上がりセルフサービスを選ぶ人もいれば、混んでて仕方なくの人もいるのでご年配の方には運ぶようにしています。あとは飲酒する方にはちゃんと聞くようにしています。完全にお客様に運んでもらう時もあれば、注文数が多い人には手伝って運んであげることもあります。

 

 

Qずっと気になっていたのですが福本さんが来ていらっしゃるTシャツは何かの大会Tシャツなのですか?

A.INDIACAの大会Tシャツです

インディアカ

INDIACA…?

インディアカとは羽のついた特殊なボールを手で打ち合う、ドイツ発祥のバレーボールタイプのスポーツ。ボールに羽がついていることでスピードが緩和されるため初心者でも恐怖心を覚えることなくプレーできるのが特徴です。

引用 一般社団法人日本インディアカ協会

 

 

Qインディアカはいつ始めたのですか?

A.10年前くらいからやってます。

なんと福本さん所属のチームは昨年5月の全国大会で5位になったそうです!

 

 

 

今年で104周年精陽軒さんですが開業当時から飲食店は多かったものの今も尚残っているお店はおそらく無いそうです。バブルの時にやめてしまったそう。

また、開業100周年をお祝いしてパーティーが開かれた時の様子をアルバムで拝見させていたただきました。

 凄く立派で素敵なアルバムですね

 福本家の皆さん(左から2番目が3代目店主である啓一さん)

アルバムには先代である宥二さんの青山学院大学時代のお写真も!

中華料理店に変わる前の洋食中心のグリル「盛養軒」

 

 

 

 

 

 

 

創業当初の洋食店から中華料理店になり、青山キャンパス近くの現在の場所に移転された時に撮影されたもの

 

こちらが9年前にリフォームされた時に撮影されたもの

写真で見るとより精陽軒さんの長い歴史を実感しますね

 

なんと!凄い人数!(同窓会のパーティーみたい!)

みなさんよく見てください。

なんだかこちらの会場に見覚えありませんか??

この綺麗な会場は結婚式場とかパーティー会場ではなく青山学院大学敷地内にあるアイビーホールなのだそうです!

精陽軒さんの開業100年をお祝いするためにお知り合いやお客さんなど総勢100人が集まったとか。皆さんの楽しそうな表情から精陽軒さんがたくさんの人から愛されているお店だということがわかりますね。

 

Q最後に青学OBである福本さんからこの新聞を読んでくれた方にメッセージをお願いします!

A精陽軒はとにかく、

安くて、早くて、ボリューム満点!

 たくさん食べたい!!という時にぜひ来てください!
女性一人でいらっしゃる方も結構いるので遠慮せずに食べに来て欲しいですね

 

これはありがたい情報…

私もお昼ご飯と夜ご飯両方食べに行きまーす!

2記事に渡って来ましたが、これは学食で席が見つからなくてランチ難民になったらお昼ご飯は精陽軒さんで決まりですね!

む〜みんも青学から徒歩0分にあるラップサンドのお店も紹介してるので是非そちらもご覧ください。

こんにちは! どこでも寝れる特技を持つ大学2年生のゆきんこです。 普段は掛け持ちアルバイターとして世界中の人々に会って様々な分野を勉強中です。 思わず読みたくなってしまう記事をたくさん書くので毎回楽しみにしていてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back To Top